スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| + TOP + |

覚えておいてください 

今週から京都開催がスタートします。

新馬戦には芝1800m戦が組まれており、
巷ではやや評判になっている藤原英厩舎のメテオライトがエントリーしていますね。

ただこの厩舎と親しい間柄にある某氏に話を聞いた限りでは、
「この馬も走るかもしれんけどまだまだ序の口。
 今年の2歳はもっとすごいのがワンサカいるよ」
とのこと。

すかさず「是非馬名を教えてください!」と迫ったところ、

「馬名は忘れたけど、確かサクセスリアンの下じゃなかったけな?
 もうこれは相当な器だと惚れこんでたよ」
とのこと。

よくよく調べたところ、
それはサクセスセレーネという馬でした。

リアンの父はMr.Greelyですが、
こちらの父はディープインパクトです。

デビューが楽しみですね。

ではでは。

スポンサーサイト
| + TOP + |

春の大一番 

明日はいよいよ春の総決算・宝塚記念。

例年に比べて豪華メンバーが集まった今回、
息をもつかせぬ大接戦を期待しています。

しかし、その前に、軍資金をつくりましょう。

【中山5R】
◎フロムクローバーズ
○マイネエミリー


◎はダイワメジャー産駒で、
しかも所属は父と同じ上原厩舎

ダイワメジャー産駒はすでにデビューを果たしましたが、
先週、ダローネガ、エピセアロームがワンツー。
そして今日の中山5Rでも、ビウイッチアスが2着と上々の滑り出し。
サンデー系の中でも仕上がり早の血統という可能性が高いですね。

◎に関して、周囲の人の話では
「センスが高い馬で勝ち負けを意識している」
「メジャーの仔だから力が入るのは当然」

とのこと。

大勢にバレる前にメジャー産駒でガシガシ稼いでいく算段です。

○については↑でちらっと触れた
ビウイッチアスと併せ馬を敢行し、大きく先着している点を評価。
美浦のポリトラックで4F62.0-48.8-37.0-12.7
0.9秒追走で0.6秒先着というのは並の馬にできる芸当ではありません。

この2頭を軸にたっぷり稼ぎたいところです。


さて、宝塚記念についてですが、
私は、今回CW調教を解禁して背水の陣を敷いた
ドリームジャーニーで勝負しようと考えています。

大駆け時の条件である420キロ台で出走してくれば
勝負になるハズです!

ではでは。

| TRACKBACK:0 | COMMENT:1 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

朝から楽に馬券獲り 

雨とは無縁の北の大地。
まず明日はそんな平和な函館をターゲットに
小遣い稼ぎに“獲りやすいところ”でキチっと獲りにいきます。

【函館3R】
◎ダイキチチョウナン
○カネトシグレース
▲ミスコマチ
△ジンライムシュガー
△モリトブイコール
△ジョープラチネラ
△アップルポテト


函館ダ1000

上表は2010年~先週までの【函館ダ1000m】の成績をまとめたもの。

ご覧の通り、3歳未勝利戦の1~3着馬はその殆どが【逃げ・先行馬】。
そして、勝ち馬に限定すれば【逃げ馬】が17戦中11勝と圧倒的な確率。
◎も○もテンの速さは折り紙つきで、ここは行った行ったの決着が望めます。

高配当は期待しづらいところですが、
この2頭の馬連・3連単でバシっと仕留めたいところです。

ちなみにダイキチチョウナンの連闘は
ヤリだそうです。

ではでは。

| + TOP + |

今週も降級馬祭りの予感 

先週から降級戦が始まりました。

私もこの機を逃すまいと決めていたので、
勝負馬主さんに乗っかって
いくつか少点数でイイ馬券を獲らせてもらいました。

今週も早くからココを目標に、勝ち負けを期して出走してくる降級馬が多いみたいですが、
狙うならやっぱりダート!!
特に3歳馬が人気を持っていってくれるようなところは勝負した方がよさそうですよ。

というのも、古馬混合戦で3歳馬は3勝したのですが、
その内訳が↓↓

土曜函館10R
八甲田山特別
タウレプトン(2人気・1着)

土曜函館12R
道新スポーツ杯
テイエムオオタカ(1人気・1着)

日曜中山12R
ダイヤモンドアスク(4人気・1着)


全部芝戦なんです。

やっぱりダートは力が必要ということもあって、
まだ成長しきってない3歳馬にとっては
文字通り力負けしてしまうという状況なのでしょう。

ただ、こういった状況でも勝ち負けする3歳馬というのは
想像以上に可能性があるので、後々まで追いかけて良さそうです。


今週も降級馬が走りまくると思いますが、
中でも、日曜・阪神9R 皆生特別(ダ1400m)に出走する
アドマイヤロイヤルは断然と見ます。
前走で獲得した優先出走権を切らせてでもこの降級戦に出てくるということを考えれば、
『鉄板』と言い切ってもいいのではないでしょうか。


ではでは。
| + TOP + |

日曜は中山12Rで勝負 

柴田大知

土曜の中山6Rは、痛恨のタテ目での決着。

日曜は頭数の割にオッズが割れそうな中山12Rで勝負です。

このレースは、降級の4歳馬の中でも鞍上で人気が落ちそうなマイネノーブレスから入ります。

少しジリっぽくて前に行けるタイプでないので、極端な前残りの競馬にならなければという条件付ですが、元々が使ってからの話でしたし、調教を見る限り前走からの上積みが期待できます。

上記の成績を見ても分かる通り、柴田大知騎手は、マイネルとの相性が今年は抜群。頭では狙いにくいかもしれませんが、3連系の馬券で仕留めたいですね。

◎マイネノーブレス
○ウエスタンディオ
▲ダイヤモンドアスク
△ドラゴンライズ
△レッドクロス

| + TOP + |

逆らってはいけません。 

中山芝1600m

先週は土日共にプラス収支に終わり、栗東に行ってきた今週は、京都の河原町で遊んできました。

今週、来週は、セレクトセールで訪れる北海道を満喫する為にも負けられない週となります(笑)


土曜は中山6Rのオークヴィルを狙います。

前走は前半の5F通過が56秒6という未勝利としては“超”の付くハイペースだったにも拘らず、逃げ馬から2馬身ほど後ろの2番手にいたオークヴィルは②着に粘り込んでいます。

週中の雨は気になりますが、3ヶ月振りの開催となる中山もある程度の時計勝負になると読めば、持ち前の先行力で押し切り濃厚でしょう。

因みに上記の成績は、過去3年における中山芝1600mの厩舎別成績(20回以上出走)。

目下絶好超の堀厩舎に逆らってはいけません。


◎オークヴィル
○ランブイエ
▲ターフェル
△ハートノイヤリング
△メイアイヘルプユー
△クイーンオリーブ
△キャラクテール
△ドルフィンキック



| + TOP + |

シゲルの馬名でお馴染みの・・・ 

今週は所用で昨日の夜から栗東に来ています。

今朝、トレセンに足を運ぶと、そこにはシゲルの馬名でお馴染みの森永蕃オーナーの姿が。

デビュー前の2歳馬・シゲルコウギョクの軽快な動きを坂路のモニターで熱心に確認していました。

エエ動きをするな、この馬」とオーナーが言えば、「助手も走るって言ってくれてます。体つきも良いですよ」と田中章師が返答。


そんなやり取りがあった後、どうやらデビューが阪神4日目・芝1400mで鞍上は川須騎手に決まったようです。

| + TOP + |

次は7月2日です。 

先週1番驚いたレースは、タガノロックオンが勝った日曜阪神10RのあおぎりSです。

重馬場で時計が出易いコンディションだったとはいえ、3歳の今の時点で1分50秒を切る時計は破格。調べてみると、トランセンドが3歳4月でマークした時計よりもコンマ2秒も速いので、ゆくゆくはタガノロックオンも重賞戦線で活躍してくれそうです。

因みに次走は、天橋立S(7月2日)を予定しています。

ハンデ次第ですが、古馬に混じっても十分に通用するはず。名前を覚えて置いて下さい。


| + TOP + |

日曜も東京12Rを買います。 

土曜は、ケイアイルーラーが何とか頑張ってくれたので馬券的にもプラスでした。

ということで、日曜も東京12Rの松岡騎手でいきたいと思います。

話を聞くと、ずっと短距離を使って欲しいと厩舎に頼んでいたようです。

自分の進言した条件へ替わるのなら、今回は狙っていいはず。土曜の勝ち分をここで一気に増やします。

東京12R
◎トップオブパンチ
○ドロ
▲スティールパス
△ワーズワース
△タイキジャガー
△トーホウペガサス
△ブレイクチャンス
△プロスペラスマム



CBC賞のシゲルキョクチョウは、マネージャーから厩舎へ「本人もレースを見て、重賞でもいい勝負ができる手応えを持っている」との連絡が入り、武豊騎手へ回ったようです。



| + TOP + |

土曜の注目は東京12R 

東京芝1400m

全国的に雨模様の土曜は、馬券的に大きく勝負したいレースがそこまで見当たりませんが、1000万にしては好メンバーが揃った東京12Rには注目しています。


このレースで買いたいのは、休み明けの前走はかなりイレ込み、レースでも引っ掛かりながら②着に粘ったケイアイルーラーです。


叩き2戦目でイレ込みもいくらかましになるでしょうし、距離短縮も大きなプラス材料。


極端に道悪がダメなタイプでなければ、今度は押し切ってくれるはずです。


因みに上記の成績は、過去3年における東京芝1400mの騎手別成績。


勿論、鞍上の腕にも期待しています。


◎ケイアイルーラー
○オルトリンデ
▲トーセンマドローナ
△キングレオポルド
△シルクウェッジ
△トウショウフォアゴ

| + TOP + |

なんと約15年半ぶりです! 

先週の安田記念を3歳馬リアルインパクトが制したことで私が注目しているのが、CBC賞に出走するシゲルキョクチョウです。


元々、シゲルキョクチョウの主戦だった幸騎手は、ヘッドライナーへの騎乗のため、キョクチョウの鞍上は空白となっていました。


そこで陣営が白羽の矢を立てたのが、昨年52勝を上げ大ブレイクした国分恭介騎手。水曜朝までは国分騎手で決まりかけていたのですが…ここで動いてきたのが武豊騎手サイドだったようです。


時計の早い前残りの今の阪神で、ロケットスタートを決めることが出来たなら…。


因みに武豊騎手が斤量51キロの馬に乗るのは、なんと95年の9月24日以来。


えっ!?なんと約15年半ぶりです!
その時は4人気で勝っています。


かなり本気ということなのでしょうか。これは裏を取ってみたいと思います。


| + TOP + |

浜中騎手の馬を見る目は… 

日曜阪神5R
⑤サルヴァトーレピサ

追い切りに乗った浜中騎手が、

先週は「デビュー戦はタダもらい」

今週は「もったまま勝てる」

と乗り味を絶賛しているそうです。このレースは、浜中騎手の馬を見る目が試される一戦。メンバーから考えれば過剰人気の感は否めませんが…。


明日は所用で競馬場へ行けないため、安田記念は、当日の異常投票を確認しながら買おうと思ってます。

| + TOP + |

ユニコーンSその② 

おっ、15時14分にグレープブランデーの複勝に460万円くらい入った!


| + TOP + |

ユニコーンS 

東京ダート1600m


◎グレープブランデー
-10キロと急仕上げだった前走でさえ能力の違いで勝利。
順調にきた今回は、少なくとも前回の対戦相手に負ける事はないでしょう。
相手には別路線組を上位に取り上げて、土曜はこのレースで勝負します。

因みに、上記は東京ダ1600mの今年に入ってからの馬番別の成績。
内枠はバッサリ切ります。

○ビッグロマンス
▲アイアムアクトレス
△エーシンブラン
△ボレアス
△コルポディヴェント



| + TOP + |

有力な2歳馬との出会いが鍵 

金鯱賞で⑬着に敗れたナリタクリスタルは宝塚記念の出走を回避。

コンビを組む予定だった武豊騎手は、ビートブラックで春のグランプリに参戦するようです。

デビュー2年目より続いている中央開催でのGI制覇の記録を、今年はどのレースで継続させるのか。

ローズキングダムを失った今、有力な2歳馬との出会いがひとつの鍵を握っていそうです。



| + TOP + |
| HOME |

calendar

          05« 2011/06 »07          
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

馬券長者S

Author:馬券長者S
ある有名馬主の側近として働いているS(♂・33)と申します。

馬主の近くにいると当たり前ですけど、馬券で儲けた結構な額が毎週懐に入ってきます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

↓ランキング

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ王

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。