スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| + TOP + |

【競馬情報】乗り替わりの真相 

1400mならローレルゲレイロの方がイイかも
こう言った四位騎手がファリダットを選んだ理由を今日はコッソリ暴露しようかと思います。

本来であれば、ファリダットには武豊騎手が乗る予定でした。実際に四位騎手は「次はユタカに戻すから」と松元茂調教師に宣告されています。ただし、次の高松宮記念には武豊騎手が騎乗できないことが判明。

3/28に行われるドバイデューティーフリーにウオッカで参戦した後、どれだけ急いで帰っても日本に着くのが翌日の3/29になってしまうらしいんですが、それが競馬界の規定ではアウトらしいんです。

(因みにドバイデューティーフリーは、その日の第6レース。前のレースで帰るデムーロは、3/28中に日本に着く為、高松宮記念に騎乗可能との事。ユタカさんとは2時間差らしいです)

そこで今回「もう1回乗ってくれ」と四位騎手は調教師に言われたんですね。

一度は消滅した話だったので四位騎手も強気になれたんでしょう。

それなら高松宮も続けて乗せて下さい、ローレルゲレイロ断りますからと。

こういう経緯があって阪急杯と高松宮記念のセット騎乗が決まりました。

まあ、話を聞く限りファリダットは次が勝負??という気がしますがどうでしょうか。

それでは、日曜は重賞2鞍を含めた3頭で勝負します。

阪神11R 阪急杯 ◎ジョリーダンス
とりあえず出てくれば買ってしまう馬って少なからずいると思うんですが、自分にとってジョリーはそんな馬です。まさか引退話がこれだけ出ながら8歳まで現役を続けるとは思ってもいませんでしたが・・・。
今回は三浦騎手との新コンビ。『先週の動きが年齢を感じさせないくらい良かった。三浦が乗ると本当に掛からないように相性抜群。今回は輸送を考慮して水曜追いを行ったあと、金曜に阪神へ移動。帯同馬もいるので馬も落ち着いている。表面上は過去最高と言えるくらいのデキ』と厩舎サイドは世間の知らないところで密かに盛り上がっています。因みに引退時期は未定とのことでした。

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在17位。


中山11R 中山記念 ◎アドマイヤフジ
カンパニーかフジかで非常に悩んだレースではありますが、『これまでは母が長距離血統なので長いとこを使っていたが、正直失敗した。今回での結果如何ではマイル路線にシフトチェンジする』との話を厩舎サイドから聞きました。前走同様のデキにあるのならそう簡単には崩れないと思います。

↓馬連5点勝負↓

↑現在6位。


中山7R 3歳500万下(混) ◎ツクバタイヨウ
この馬の買い時はブリンカー着用時と決め、ずっとここまで待っていました。松山厩舎も昨年から続く連敗をようやく42で止め、念願の通算900勝を達成したことですし、こういう時はポンポン!と連勝するイメージです。最終追いの動きからして、ここは勝負していいレースでしょう。大きくいくつもりです。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在4位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
スポンサーサイト
| TRACKBACK:0 | COMMENT:3 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】ああ、なぜダイワスカーレットに… 

今回も多くの投票とコメントを頂き有難うございました。

もっと票が割れることを予想していたのですが、世間の“タナパク”への支持率がここまであるとは思ってもいませんでした。

確かに、今週の乗り馬の質・量を考えれば彼の勝つ可能性は高そうです。コアな競馬ファンがこのブログを読んでくれてるんだということを再認識したところで、皆様の役に立てる話を少しでも多く暴露できればと改めて思います。

土曜注目の1頭は、ここ3週間、毎週のように登場しているような気がしますが、阪神9Rに出てくるウインキングストンです。

もう言わなくても分かると思いますが、やはり最後まで使ってきました。武邦師“優秀の美なるか”という分かり易いレースです。一応、先週のレースを勝つ前から連闘でここを使うという話でした。さすがに上積みはなさそうですが、ドラマがないとは言えません。

その武邦厩舎。本来であれば日曜の小倉にも使いたい馬が何頭かいたという話なんですが、日曜は3月1日。つまり、厩舎は解散となります。その状況では次に引き継ぐ厩舎の人間でないと馬に触ることも許されないらしいんです。(因みに次は、あの伊藤雄師の愛弟子・笹田調教師が引き継ぎます)

更に給与の問題も発生してしまうということで、師は頭を悩ませていました。土日を跨ぐ時は柔軟な対応を取って上げてもという気がしますが、特例を認めないがJRAですからねぇ。

ああ、なぜダイワスカーレットに潔く特別賞をあげなかったのか、委員会の投票なんてあるだけ…。この辺で止めときます。

それでは、いい話を聞いてきた土曜の3鞍です。

阪神10R 御堂筋S ◎ナムラクレセント
追加登録料の200万を払った菊花賞が③着。それ以来の実戦となる今回は、放牧先で乗り込み、厩舎でも乗り込みイキナリから仕上がりは万全。春の天皇賞を目標に逆算したローテーションが組まれている同馬ですが、当然、ここでの敗戦はそのシナリオにありません。

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在17位。


中山11R 千葉S ◎サイボーグ
すばるSに使う予定も追い切った翌日に脚に熱を持って回避。ただ、大したことはなく、スグに松岡を押さえてココを決めた。余力残しのジャニュアリーS時とは違い、「使って体が引き締まったし、何より調教の動きが素軽くなった。前走とは比較にならないよ。変に絡まれたりしなければ、十分に勝てる能力はある」と担当は自信満々です。

↓馬連5点勝負↓

↑現在6位。


中山9R 水仙賞 ◎カルカソンヌ
極度のスローに泣かされた前走は、コンマ2秒差なら及第点。しかも、当時②着のヤマニンウイスカーが先週、強い勝ち方で勝ったのを見てカルカソンヌ◎を決めました。横の比較が難しいメンバー構成ですが、困ったら関西馬ということで。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在4位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |

【競馬情報】ピンチはチャンス? 

3月1日デビューの新人ジョッキーは、今週の土曜(2/28)はまだ騎乗できません。

「そこをどうにかなんないかな~」とは、国枝調教師。

「もしや、今週は國分くんに期待してもいいんですか?」という問いに

「あれだよ、ウチのアンちゃんは卒業生のなかで一番優秀だっていう、アイルランド何とかっていうのをもらったんだよ。日曜日の1レースから乗せるから応援よろしく!」とキッパリ。

国枝師もハッキリと覚えていなかった賞の名前は、アイルランド大使特別賞です。

ウィキペディアで調べると、アイルランド大使特別賞は競馬学校を卒業の際に成績優秀者に与えられる賞であるとあります。

94年度(第10期)吉田豊
95年度(第11期)野元昭嘉
96年度(第12期)牧原由貴子
97年度(第13期)武幸四郎
98年度(第14期)池添謙一
99年度(第15期)北村宏司
00年度(第16期)鈴来直人
01年度(第17期)難波剛健
02年度(第18期)柴原央明
03年度(第19期)長谷川浩大
04年度(第20期)津村明秀
05年度(第21期)塚田祥雄
06年度(第22期)田中克典
07年度(第23期)田中健
08年度(第24期)三浦皇成
09年度(第25期)國分優作

過去に受賞したジョッキー達ですが、意外な人物の名前もあり…まあ、コメントは控えます。

ということで、当初は新人ジョッキーで誰が1番早く初勝利を挙げるかの投票をやろうと思っていたんですが、在り来たりな投票は止め、あくまでマイナー路線でいきます。

新人がデビューするということは、彼らのチャンスが減るということです。



↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

ブログランキング



ブログ王

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:1 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】噂の真相? 

京都9Rで幸四郎Jが勝った時点で、もしや・・・という気がしましたが、東京最終では豊Jが見せ場なく惨敗。まあ、小倉初日に豊Jがメイショウラッシーで親子でのスナップ写真撮りに成功しているんで、順番的には弟だったのかもしれません。日曜小倉9Rのウインキングストンの結果にも注目して下さい。

いよいよ日曜は本年度一発目のGI・フェブラリーSです。

週中に入ったヴァーミリアンの怪情報とは果たして何だったのか?

皆様お待ちかね!今日はその全貌を暴露します。

「これをしてると2、3日後にむくみが出たりする」
「爪が悪いんだよ。釘を打てないからこれをしてる、ディープがそうだったよな」

これはヴァーミリアンの鉄を見たある関係者が漏らした発言です。

どうやら爪を保護する特殊な鉄を履いているらしく、少なくともJCダートの時はそれはなかったと言うのです。

フェブラリーSに出走する某陣営は、一時は『ヴァーミリアン回避』と決め付けていたくらいでかなり盛り上がっていましたし、武豊Jサイドも念の為に別の馬を確保しようという動きを見せていました。

右肩の出が悪いという報道の裏にはこういう事情があったんです。

ただ、これまでも何度もこういう条件下で好走した経歴がある為に、今回も100%消しとは言いませんし、石坂師が無駄に不安を広めている感じもしました。馬券を買いたいとは思いませんが・・・。

それではGIを含めた日曜の3鞍勝負です。

東京11R フェブラリーS ◎エスポワールシチー
前走の平安S時には、「調整が間に合わないかもしれない」という話だったのを良く覚えています。勿論、追い切り本数も足りず、厩舎としては物足りない状態で送り出した訳ですが、それでも何とか賞金を加算してGI出走に漕ぎ着けました。
そして今回、中間の坂路では自己ベストをマーク。叩いた上積みもあり、ここは勝負の仕上げと見ます。時計の裏づけがある東京マイルがこの馬のベスト条件だと信じ、今回は◎としました。哲三騎手の一発に期待します。

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在17位。


東京6R ◎ザッハーマイン
馬場状態や展開云々はありますが、園田の千四で1分30秒を切る馬は、中央の500万で通用するという持論を持っている以上、この馬が出てくるのを転厩した時から楽しみにしていました。
ただ、何故「ナカタニ?」。う~ん、最初は理解に苦しみましたが、牧場にまで中谷騎手が乗りに行き、そこで吉田照哉氏に気に入ってもらったという話を聞いて納得しました。この結果如何では今後も社台の馬に乗れるかもしれないということで、本人にしては騎手人生を賭けての一戦。注目です。

↓馬連5点勝負↓

↑現在9位。


東京8R ◎タイフーンルビー
4走前の鮮やかな逃げ切りがまだ忘れられないこの馬。東京で狙う為に、前走は負けろ~、負けろ~と念を送っていました。
それが通じてか今回はさほどの人気を集めなくて済みそうです。マークが薄くなった今回は、吉田豊騎手も「タメが利かないんで大逃げする」との事。これも楽しみな一戦です。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在4位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:3 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】投票有難うございました。 

毎年、2月の風物詩となっている騎手、調教師の『引退話』。これに加えて助手、厩務員の引退話が絡み出せば、どれだけの高配当が世に出ているか分かりません。ラストランになると突然、激走し始める馬をこれまで何度も見たことがあるのではないでしょうか。

“最後の目イチの仕上げ”に、お世話になったアノ人だからという“義理人情”が働き…激走の条件にはいろいろありますが、公正競馬を謳っている以上、そんな情報がマスコミを通して一般に流出することはまずないでしょう。

今月に入ってからそんなネタをいくつかここで書いている内に、ふと投票機能を使ってみたくなったんですが、テーマがテーマだっただけに、正直、ここまで盛り上がるとは思っていませんでした。

昨日更新のブログ内にて投票して頂いた方、コメントを残してくれた方、本当に有難うございます。また、自分なりに地味なテーマで第2回目の投票を考えていますのでお楽しみに。

それでは土曜の3鞍です。

投票結果でも断トツで票を伸ばした武邦厩舎の馬を、やはり明日の勝負レース1鞍目に指定します。

東京12R ◎メイショウヨシヒサ
前走は、よく言えば“②着まで差を詰めた”、悪く言えば“あの馬場では位置取りがまずかった”という一戦。その後、ユタカで最後に勝つとすぐにココを目標にジョッキーも押さえていましたからねぇ。父親の管理馬に乗るのは恐らくこれが最後。
周りが空気を読めば…。そんなドラマに賭けてみます

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在17位。


京都11R 京都記念 ◎サクラメガワンダー
かつては環境の変化に極端に弱く、輸送が全くダメ。京都、阪神以外では全く走らないタイプでしたが、今は精神的に成長してそれを克服。前走後はここを目標にタップリと乗り込み、ほぼ万全の状態みたいです。勝って香港に行きたいと陣営は話しており、かなりの自信を持っているようでした。
付きっ切りで稽古をつけた福永騎手も「前走よりも数段上」と笑顔で話してくれました。

↓馬連5点勝負↓

↑現在9位。


東京10R ◎ケイアイスイジン
中央のエージェントもいるんで、以前に比べれば乗り馬の質が上がってきている戸崎騎手。“コパノ”の冠で知られる小林氏に可愛がられたりと、今後の中央進出?に向けて着実に地盤を固めているような気配が漂っています。
9鞍の手駒が集まった土曜の1番は間違いなくこの馬。勝負になる馬は最後まで諦めない地方Jだからこそここは狙ってみたい1頭です。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在4位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:3 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】どうにかして『有終の美を!』 

2/ 7 メイショウラッシー(武邦) ③人気 ⇒ 1着 8.2倍
2/14 アグネスヨジゲン (浜田) ⑦人気 ⇒ 1着 9.5倍
2/14 レオエンペラー  (田子) ③人気 ⇒ 1着 5.4倍

上記に挙げた馬達は、全て今月に引退または勇退する調教師の管理馬です。

先日も当ブログで触れましたが、長きに渡って競馬界の為に尽力してきた調教師の為にどうにかして『有終の美を!』というレースが実際に存在します。少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、『最後にもう一回勝ちたい』と思うのはごく自然なことですからね。

今週、最後の大攻勢をかけるのが武邦厩舎。

転厩馬の名前がここにきて目立ってますが、それも調教師の人望でしょう。
武邦師の「ちょっと最後だから馬を回してくださいな」の一声で周りが動いてくれたというのですから流石です。

一昨日も服部調教師のところへ足を運んで「今週はすいませんねぇ」と小倉の馬房を貸してもらったことに頭を下げていました。

今週のイチ押しはウインキングストンです。

武邦調教師「上積みあるし豊が幸四郎にプレゼントしたんだろ」と前走の走りをフォローしてました。

そんな武邦師とは打って変わって『もういいよ』とは浜田調教師。

実は、今週は2頭の出走予定馬がいたんですが、それを1頭にして日曜日の馬は、『次の厩舎にいい形で渡してあげたい』ということらしいです。

厩舎にとって最後の出走馬となりそうなタカプリンセスの背中には小林慎一郎。彼の父親は浜田厩舎の元助手でした。
その息子が騎手となり、石山騎手と同じく可愛がってきたひとりでもあるんです。
「オムツをかえてやったこともあるんだから。最後くらいセガレを乗せてやってくれと連絡もあったしな」と浜田師。

先週、力の入っていたネイキッドについては、「ちょっと仕上げ過ぎたというか担当者も力が入りすぎたのかな(笑)。競馬場についてからテンションが上がり過ぎていた。仕方ないよ」と言って苦笑い。人の良さが全身から滲み出ています。

今月で引退・勇退する調教師の今週の出走馬一覧
(※岩城、大和田厩舎は出走なし)赤字の馬は前走3着以内
武邦中尾正浜田中野田子
メイショウヨシヒサヒデノマーメイドタカプリンセスマイパンプキンキングブライトカツゾー
エーシンウォーマンインプレスゴールド ゴールデンリング ムサシトップガン
ゼンノグッドウッドリマレックス ヒシポジション ホーザンアテナ
ウォーターバロンアヴェンティーノ アクロスザヘイブン トヨサンラッキー
エーシンエスヴィーオースミマコ   カシノボイス
クリールトルネード     
ゼンノオリンピア     
ウインキングストン     
セレスマン     


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

ブログランキング



ブログ王

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】栗東に来ています。 

“やっぱりGIは関西馬”ということで、今週は栗東に来ています。

まあ、マスコミやよく知らない人達の数が増えるのはいつものことなんですが、今週はどうも肝心な調教師が少ないんです。

聞くところによると、どうやら北海道で牧場巡りをしていた調教師達が、帰りの飛行機が飛ばずに足止めを食らっているとの事。(オホーツク海の低気圧が発達し、強い冬型の気圧配置となった為)

藤原英調教師も不在で、サクセスブロッケンの追い切りを後は、藤原助手をマスコミが取り囲んでいましたが「ウチの取材はいらんだろ。相手が強い」と一言。

“それじゃ記事にならない”と食い下がったマスコミに「まぁ、動きは相変わらず良かったんじゃない。使っている馬だし普通だよ。マイルの流れはいいのでどこまでやれるかといった程度だろ」と素っ気ない感じでした。

キクノサリーレはDWコースでテツキセキ(3歳500万)と併せ馬を消化。手応えでは見劣りましたが、元々稽古駆けするタイプではないだけに心配は無用でしょう。

「今月に入ってからガラッと雰囲気が変わってきた。勝ちを意識した仕上げで、レースが開いた分を割り引く必要はない。今回は最高の舞台設定だし、強力馬相手にどれだけやれるか楽しみにしている」と高島助手。

久々で完調手前だったとはいえ、一応、カネヒキリを武蔵野Sで負かした馬です。押さえに一考を。

前走後はここ1本に目標を絞ったヴァーミリアンですが、どうやら状態は良くないみたいです。

今日予定の最終追い切りを「右肩の出が悪いので明日に延期した」という話を聞きました。一部では、出走すら・・・らしいですよ。「今日は厩舎に来るな」と石坂調教師に言われたトラックマンが何人かいましたからねぇ。

火曜日は石坂師も機嫌が良さそうで、ヴァーミリアンのキャップを配っている姿を見かけたんですが、右肩の違和感が発覚したのは痛恨ですね。まだ詳しくは言えませんが、どうやらディープインパクトで有名になった接着装蹄が影響しているようです。

まだまだ、馬券に直結しそうな話を現地で入手してますんで、明日更新します。

↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

ブログランキング



ブログ王

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |

【競馬情報】質問にお答えします。 

> Dスカーレットについて他の裏話があったらもっと教えて下さい。

昨日、このような鍵コメントを頂きました。

ファンの多い馬ですから現時点の報道だけでは満足できない方がいて当然です。

個人的に返信してもよかったんですが、どうせならということでここで書かせてもらう事にします。

先週あたりから馬場入りを拒否するなど、何かしらの異変があったのはスポーツ紙にも掲載されていました。(それでも“絶好調”という活字が躍っていた新聞もありましたが…)

その証拠に水曜には珍しくノーザンファームの場長と獣医らしき人物が栗訪。

厩舎事情に詳しい関係者によれば、普段から冷静沈着な松田国調教師もその日ばかりは、テンションが低く、水曜夕方に行われる共同取材でも「クロフネの時は使う前から自信があったけど、スカーレットはこれからの過程でフェブラリーSを使うだけ例えここで負けても、これまでの実績を考えると評価が下がるようなことはないから…」と珍しく弱気な発言があったとか。

また、木曜に事務所の第二会議室であった出走取消を発表する会見では、某日刊紙記者の質問にブチ切れ、師自ら会見を途中で打ち切ったみたいです。その後、JRAから「今後、詳細が分かれば、その度、広報を通して発表をしますから、一社一社のスクープ合戦は絶対にやめて下さい」というお達しがあったのも確認済みです。

今後は山元トレセン経由で社台ファームへ放牧に出されますが、全治は未定。戦列へ復帰するのであればかなりの時間を要すると思われるだけに、早い段階でオーナーサイドもしくは陣営から「現役引退」の発表があっても何らおかしくはないでしょう。


■日曜の馬券勝負は東京の後半戦に集中します。 

東京11R ダイヤモンドS ◎ベンチャーナイン
馬柱を見れば分かりますが、この馬は明日の1番人気が濃厚なフローテーションと近5走で全く同じレースを走っています。対戦成績を見れば分が悪いのは分かるんですが、左回りに替わり、ササる癖を矯正するリングハミを着用し、鞍上には武士沢J。この条件でフローテーションよりも斤量が1キロ軽くなれば、互角以上の走りができるのではと思っています。

ブシ君、結婚おめでとう!日曜は馬券で応援します。

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在14位。


東京12R 4歳以上1000万下 ◎カネスラファール
なかなか結果の出なかった中山での連続③着は地力強化の証明。東京に替わり適条件の今回は、この馬を狙わずにはいられません。坂路とポリトラックでの時計を見れば、力を出せる状態に仕上がっているのは明らか。相手探しの一戦と割り切ります。

↓馬連5点勝負↓

↑現在7位。


東京9R ヒヤシンスS ◎キクノアポロ
サクセスブロッケン
フェラーリピサ
フラムドパシオン
上記は過去3年のヒヤシンスSの勝ち馬。全て1番人気で後続に3馬身半以上の差をつけて勝っています。
年末まではここにスーニーが登場し、ドバイ遠征前に圧倒的なパフォーマンスを見せてくれるものと勝手に思っていました。それが、突然の芝路線へ参戦表明。果たして何があったのか。時間があれば関係者に聞いておきいたいと思ってます。

それはともかく、スーニー不在で今年のヒヤシンスは過去3年のような1強ムードではありません。馬券的妙味をいえば面白いんですが、様々な路線からメンバーが集まっているだけに何を馬券戦略の核にするか、センスが求められます。

そこでメイショウイエミツに勝った競馬内容を評価してキクノアポロに◎。小回りコースで勝っていますが、大トビの走法から東京替わりがプラスに出るはず。鞍上・石橋脩Jも自信アリとのことです。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在5位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】驚きのウルトラC!? 

昨日のダイワスカーレットの速報は、結構インパクトがあったんじゃないでしょうか。屈腱炎とはあの時点でまだどこにも掲載されてなかったようですしね。

このブログの存在を知らない知人からも「(スカーレットの)ブログ書いてるの○○○だろ」とわざわざ連絡が来たくらいなんで。意外に知名度あるのかな?と少しビックリしました。

まあ、屈腱炎と始めから分かっていたとしても、実際にマスコミには発表できない理由があるんです。

物事の筋というか、まずは知らせなければいけない人に伝える。それが全て終わってから外部に本当の事を話して言いかが決まる。ここの判断次第では間違った情報が伝わる可能性もあります。

分かり易く言えば、全ては馬主次第だということです。今回の件に関して言えば、大城オーナーが『OK』を出したんだと思います。個人的には、ドバイのこともあったので“屈腱炎”に関する報道はもう少し後になるかと思ってました。


今日スッパ抜く『業界の裏ネタ』は、マスコミの報道が馬主&調教師を怒らせたケースです。こういう報道が増えると、益々いろんなネタが世に出にくくなるんですけどねぇ。
(特に美浦の)厩舎経営の厳しさについて触れた記事を昨年からよく見かけるようになりました。このブログを読んでいる競馬ファンなら一度や二度はスポーツ新聞等で見かけたことがあるかと思います。

そして、年末にあるスポーツ紙が、実名で○○調教師、▲▲調教師、◇◇調教師が2月末に勇退するという記事を掲載しました。当時は、まだ噂が出始めた頃だったので、「へぇ~、発表するの早いなぁ」と思っていたんですが、これが実は全くのフライング。

馬主への挨拶も済んでいない調教師はこの掲載記事に激怒。何の話も聞いていない馬主も超激怒。実際に解散前に馬を引き上げてしまった馬主も出てきてましたし、噂のまま終わるはずだった某調教師なんて、この事件をキッカケに本当に勇退することになってしまいました。

そんな中、最後までJRAからの引退勧告に立ち向かったのが※※調教師です。「5馬房でもいいから…」という願いも空しく、なんと免許を更新してもらえませんでした。

ただ、お金の問題(詳しくは言えません)もあって、特例で和田厩舎の調教助手になるらしいです。このウルトラCにはさすがに驚きました。


土曜は東西ともに馬場状態の見極めが鍵となりそうです。

東京7R 3歳500万下 ◎ストロングリターン
「貯金いくらある?」と露骨にプライベートな質問をぶつけてきた関係者。休み明けですが、この馬にはかなりの自信があるようです。そういえば、NHKマイルCで勝ち負けになると言ってた人もいました。

実は、先週の堀厩舎は久保田厩舎を意識して馬を使っていたらしいんです。レースが終わった後は、首位に立ったと喜んでいたんですが、なんと4着の差で2位に。一瞬でも全国1位になると業界内の評価が変わるので、可能ならば今週で首位に立ちたいみたいです。「来週は期待できないメンツなので…」と話していました。尚更、ストロングリターンは力が入るでしょうね。

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在12位。


小倉11R 大宰府特別 ◎サンライズベガ
今週の音無厩舎で星計算されていたのが日曜のプロフェッショナルとこれ。この厩舎にしては3週続けて併せ馬を消化するなど、意欲的な調整が目を引きます。主戦の北村友Jも「馬体の良さや動きからいつまでもこのクラスにいるような馬ではないですからね。最後まで集中して走ればアッサリまでありますよ」と自信満々。

実は、早い段階からライバルであるピースキーパーを依頼されていたが、それを断ってこちらに騎乗。「あの馬には絶対に負けないようにしないと」とかなり気合が入っています。

↓馬連5点勝負↓

↑現在7位。


小倉10R くすのき賞 ◎アースワンハート
西から入った勝負話です。京都で一体何鞍の騎乗があったかは把握していませんが、全てをキャンセルしてまで小倉でアースワンハートの乗りたいみたいです。小牧騎手は。そこまでの器ならということで◎。血統的な魅力も勿論、加味しています。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在4位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |

【競馬情報】ダイワスカーレットの気になる今後は? 

本日、早朝に脚部不安の為にフェブラリーS出走を断念したダイワスカーレット。

JRAのHP等で発表された松田国師のコメントは、「今後についてはドバイへの出走を含め、状況を見て判断したいと思います。」と掲載されていますが、実は、屈腱炎らしく復帰には1年以上、このまま引退の可能性もあるとのことです。

先程、関係者より電話で直接聞きました。皆様に取り急ぎご連絡します。



↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

ブログランキング



ブログ王

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |

【競馬情報】幸せよりも豊に。 

昨日は所用で栗東トレセンにいたのですが、スタンドでこんな話を聞きました。

2つは確実に勝っていたレースだったろ~とは黒田助手(武邦厩舎)。

これは先週のブログでも触れた『引退の花道 ~武親子編~ 』についてのコメントです。

確かにウインキングストンは詰まりっぱなしでアンカツにしてやられた形。

それに引き換え、メイショウラッシーは力通りの逃げ切り楽勝。

だが、なんと「(日曜小倉の門司Sに登録)メイショウラッシー、今週のハンデはいくら?」という誰かの問いに

「54キロですねぇ。もう一丁ってとこですか?」と某トラックマンが話を盛り上げると

いやいや。骨折だ(T_T)と黒田助手。

スタンドがシーンと、まではオーバーだが駆け付けた日刊紙記者も、ただただ茫然。

やっと軌道に乗ったかと思われた矢先だけに残念なお知らせだった。

武邦厩舎の今週の手駒は寂しく、先週とは打って代わって騎乗者は2鞍とも武豊ではなく“武幸”。

果たして、全弟の意地を見せられるか。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

ブログランキング



ブログ王

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | + TOP + |

【競馬情報】ここに賭ける想い 

本日も競馬場でライブ観戦してましたが、いやぁ~、やっぱり最終だったかとボス。(←小倉12Rのみ単勝勝負)

昨日、話題に挙げた武豊騎手×武邦彦調教師による『親子で飾る引退の花道』のクライマックスは、小倉9Rではなく、最終12Rのメイショウラッシーでした。

9Rのウインは、アンカツさんのブロックで行き場をなくしての②着。まあ、残り3週あるんでどこかに使って有終の美を飾るんでしょうね。ローテーションが分かり次第、ブログにて報告します。

東京競馬場では、ご存知の通り三浦皇成騎手のデビュー最速100勝記録が4Rで達成。

やはり凄い数の報道陣、検量室前に戻ってきた皇成騎手を撮影しようと並ぶカメラマンの数だけでも約20名!

検量室の出入り口近くまで人が溢れる為、JRAの職員もジョッキーが通れないので空けて下さい!と注意を促すほどでした。

「いやいや、ようやく100勝達成したね」という空気が流れたのも束の間、お昼休み後に行われた東京5Rの新馬戦。

中団から脚を伸ばして快勝したのは石橋脩騎手騎乗のヴィルマールでした。

千葉テレビで放送される『中央競馬ワイド中継』のスタッフたちが、恒例の新馬戦勝利ジョッキーインタビューの用意をしながら石橋脩ってこれが200勝目みたいだよとコソコソ確認。

そして、準備も整い、インタビュアーの細江さんが質問を開始。

まずは勝ったヴィルマールについて「オーストラリア産で半年遅れているけど、稽古で乗っていて仕上がっていると思っていた。今日はスタートを早く出さないようにしようと思っていた。東京コースだし、ビュッと加速させる感じではなく、ゆっくり追い出したつもり。今後も楽しみ」というような質疑応答を終えた後、

細江さん:「これで通算200勝ですね」とカットイン。

石橋脩騎手:うつむき気味に照れ笑いをしながら「ちょっと前のレースがね・・・タイミングが・・・」とモゴモゴ。

察するに『三浦くんが勝った(報道陣が殺到、大騒ぎした)後のレースであんまり注目されないタイミングになっちゃった』という事でしょうか。

最後に少しでも大きく取り上げてくださいというセリフで報道陣(推定10名※カメラマン含む)の笑いを誘った石橋脩騎手。最近は、自厩舎以外の依頼も少しずつ増えてきていますので、今後も温かい目で見守りたいものです。

ということで、明日も府中競馬場へ行ってきます。

日曜はこの3レースで勝負です。

東京11R 共同通信杯 ◎マッハヴェロシティ
週中ではプロスアンドコンズからいこうと思っていたんですが、どうもここにきて“マッハ陣営のここに賭ける想い”が気になってきました。
当初、馬主は自身の愛馬・セラフィックロンプで重賞を勝った宮崎北斗騎手でもいいという話だったんですが、せっかく勝負になる状態にあるんだから『アンカツさんに聞いてみよう』と。一度は保留されるも騎乗依頼を取り付けました。
近走は、道悪や不利で全く力を出していないだけに良馬場の東京なら面白い1頭だと思います。今回が勝負です。

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在5位。


東京12R 4歳上1000万下 ◎トーセントゥルー
土曜1Rで落馬した後藤騎手の状態が気になるところですが、彼のエージェントによると『全く問題ない』とのこと。パトロールビデオを見るとしばらくその場から動かずにいましたが、その後、自分で歩いて帰ってきたようです。
その後藤騎手が『これは負けない』と強気なのが、最終のトーセントゥルー。久々も千四も問題ありません。

↓馬連5点勝負↓

↑現在6位。


東京9R 箱根特別 ◎ピサノエミレーツ
一見すると今回は休み明けにも関わらず、“アンカツ×藤沢和”というネームヴァリューで馬券が売れる嫌な感じですが、「早くからこのレースを目標に置いていましたから、十分過ぎるほど乗り込んだし、長目の稽古をしてきました。こんな調整はこれまでなかったですよ。いきなり走るはずです」とK助手。素質に期待します。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在3位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】引退の花道 

ある意味、今週一番の注目が土曜小倉の武親子でしょうね。

2月で引退を迎える武邦彦調教師ですが、明日は引退の花道が用意されているみたいなんです。

小倉大賞典が行われる土曜日なら頼りになる息子・武豊騎手が小倉にいます。

3Rエーシンウォーマン、9Rウインキングストン、12Rメイショウラッシーと3頭使いで『どれも勝負になる』という話でした。

まあ、中でも9Rのウインキングストンは、ウインレーシングの関係者もメンバーが一番弱いところを選んだと言ってましたし、休み明けですが、この開催で勝たせる為に逆算して仕上げてあるので大丈夫でしょう。

競馬界の功労者の『引退の花道』。空気を読めない人間がいないことを祈ります。


ということで、今週も週末は府中競馬場へ出陣。

土曜は後半3レースで勝負します。

東京11R 白富士 ◎シンゲン
“ここを勝って次は中山記念”というローテーションが既に陣営の頭にはあるようです。ただし、中山記念の日は、「阪急杯でローレルゲレイロに騎乗することが決まっているので巧いこと言って他のレースに使ってもらわないと…」と藤田騎手サイド。誰もがここで負けることを考えていませんでした。

↓馬連5点勝負↓
ブログランキング
↑現在6位。


東京10R 金蹄S イオン
前走、前々走と比べれば今回は大幅にメンバーが弱化。距離延長も問題なく、カッチーもこの馬にはかなりの自信を持っています。

↓馬連5点勝負↓

↑現在6位。


東京12R 4歳上1000万下 ◎ミルクトーレル
前走からの上積みは望めないものの、東京千四はベストの舞台。しかも相性のいい藤田騎手を配したとなればここは勝負です。ここを勝って次は最終週の初音Sへ行くとの話でした。

↓馬連5点勝負↓
ブログ王
↑現在2位。


↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:3 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

【競馬情報】ペリエは帰っちゃいました 

4連勝で共同通信杯制覇を狙うトーセンジョーダンの鞍上が想定メンバー発表後、何故か未定に。以前から手綱を取っていたペリエで決まっていたはずなのですが…。

直ぐに某騎手のエージェントをやっている知り合いに電話で確認してみると、『最近の自分の騎乗馬について(ペリエが)関係者と揉めてたみたいで…。結局、帰っちゃうみたいですよ』との事。

これに関しては違う方面からも『最近のペリエの騎乗は信用できん』『斤量の軽い馬には乗れないし、乗りたい馬にしか乗らないといった姿勢が気に入らない』と実は、影ではバッシングとも取れる声が上がっていました。

表向きは今週の騎乗を全キャンセルし、来週も未定ということですが、『この春はもう帰ってこないと聞いています』との事です。来週、ペリエに騎乗依頼を出していた厩舎は、現在、別の騎手を探しているみたいです。

ルメール、デムーロといったところにいい馬を持っていかれ、最近は確かに存在感が薄れていたペリエ。弱肉強食とはいえ、あれだけ日本で勝っていた騎手でも馬が集まらなくなるんです。改めてエージェントの影響力について考えさせられました。


現時点で狙っている今週の3頭です。

日曜東京11R 共同通信杯 ◎※※※※※※※※※
腕利きで知られるS助手が、「デビュー以来、初めて馬を仕上げた。トーセンジョーダン、ブレイクランアウト?そんな馬には絶対に負けへんから」とメチャクチャ強気です。

↓馬名公開↓
ブログランキング
↑現在17位。


日曜東京12R 4歳以上1000万下 ◎※※※※※※※※※
鉄砲実績もあり、むしろ狙い目は休み明けの今回。疲労も抜けて状態もいいと聞いています。騎乗制限付きのユタカさんもこの馬なら大歓迎でしょう。

↓馬名公開↓
ブログ王
↑現在3位。


日曜東京7R 3歳500万下 ◎※※※※※※※※※
この乗り込み量なら久々も苦にならないはず。鞍上強化で得意の東京。アンカツさんを乗せておいて“叩き台”という訳にはいきません。

↓馬名公開↓

↑現在9位。

↓応援のクリックが更新の励みになります。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング
| TRACKBACK:0 | COMMENT:3 | + TOP + |
▽...CommentList ≫
| HOME |

calendar

          01« 2009/02 »03          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

馬券長者S

Author:馬券長者S
ある有名馬主の側近として働いているS(♂・33)と申します。

馬主の近くにいると当たり前ですけど、馬券で儲けた結構な額が毎週懐に入ってきます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

↓ランキング

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ王

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。